静岡大学 情報学部 情報科学科 編入試験記録

 
平成29年度 静岡大学(情報学部 情報科学科)編入学試験(28年度実施)の体験記録です。
併願校や使った教材、高専での席次など編入全体のまとめはこちら


情報
試験日: H28 6/2(木)
合格発表: 6/10(金)
会場: 静岡大学浜松キャンパス
確約書期限: 7/31(日)
科目: 数学, 英語, 専門(アーキテクチャ, プログラミング, 論理回路), 面接
合否: 合格
 
ひとこと
過去問が手に入れにくいです。ネットで見れないし郵送もしてくれないのです。
高専に結構前の年の過去問が数年分はあったのですが、さすがに最新のがないと不安なのでゴールデンウィークに静岡まで取りに行ってきました。浜松、静岡キャンパスのどちらでも閲覧できます。
 
例年だと倍率は2倍以上ですが、今年はかなり低倍率でした。
 
試験について
午前中に筆記試験、昼休み後に面接です。面接の待ち時間が暇になるので、本などを持っていくといいでしょう。(電子機器は使えない)
 
英語(8割)
毎年その年のコンピュータ関連のニュースの文章が出ます。今年は案の定AlphaGoでした。
あとは最近穴埋めが出てきました。TOEICの勉強と過去問をやるだけで十分だと思います。
 
数学(6~7割)
微積線形代数のオーソドックスな問題が出ます。最後の大問以外は6~8割の回答を作れたと思います。
最後は固有値複素数が出てくる行列の問題でしたが、実数の固有値しか求められませんでした。
 
専門(8割)
プログラミングでは木構造について出題されました。AVL木が出てきましたが、全く手を付けていなくて何もわかりませんでした。
アーキテクチャは過去問通り、穴埋めとアドレッシングの説明が出ました。
論理回路は全加算器に関してでした。NANDだけで他のANDとかORを構成させる問題も出ました。
 
面接
・志望理由
高専での卒研について
・卒業後どうしたいか
・併願校はどこか
などを聞かれました。いたって普通の質問です。自己PRはありませんでした。