Raspberry Pi 2(Arch Linux)をREGZA(43J10X)のLAN-HDDに設定する

Samba on Arch Linux on Raspberry Pi 2をREGZA 43J10XのLAN-HDDに登録する方法を説明します.
もともと自分は録画はPT3でやっていて,一人暮らしを始めるときにREGZAを買いましたが結局PT3で録画をしています.
録画した動画の再生方法ですが,

  1. PCで録画,PCとREGZAHDMIでつないでPCで再生
  2. PCで録画,USBメモリに動画をコピー,REGZAで再生
  3. NAS上に録画,NAS上の動画をREGZAで再生

の3つがあります.ただ,1は見るだけなのにPCを操作しないといけない(リモコンだけで視聴できるほうが良い),2はコピーが面倒ということで3が一番楽です. あと1だとせっかくのREGZAのフレーム補間がうまくかからないので画質の面でも劣ります.

今自分にはNASを買えるだけの余裕がないので,家に転がっていたRaspberry PiにSambaを入れて簡易NASを構築しました.
Raspberry PiにはArch Linuxが導入済みということで話を進めます.以下の方法ではREGZAから認証無しに,ゲストとして接続できるようにします.

1. Sambaの導入

pacman -S samba

2. Sambaの設定

2-1. Raspiberry Pi起動時に自動で起動

$ systemctl enable smbd nmbd

2-2. 設定ファイルの編集

以下の必要なところを変更し /etc/samba/smb.conf に保存する.

[global] #全体の設定
dos charset = CP932
server string = Raspberry Pi
syslog = yes
log file = /var/log/samba/log.%m
max log size = 1000
unix extensions = no
dns proxy = no

map to guest = Bad User
guest account = user_name #ゲストとしてアクセスしてきたユーザにどのユーザーを割り振るか.自分がいつも使ってるユーザ
ntlm auth = yes #NTLMv1はデフォルトで無効にされてしまっている.NTLMv2にREGZAが対応していないのでv1を有効にする.


[NAS]
comment = Raspi-NAS
path = /var/lib/samba/shared #共有するフォルダ
read only = no
guest ok = yes
browseable = yes
writable = yes

2-3. Sambaユーザーの追加

Samba用にユーザーを追加します.(もしかしたらいらないかも)
パスワードはLinuxのパスワードと一致しなくても構いませんが,ユーザー名は一致させないといけません.

$ pdbedit -a -u user_name

2-4. Sambaの起動

$ systemctl start smbd nmbd

REGZA側で 設定→接続機器設定→LANハードディスクの登録 から登録を行えば完了です. f:id:shamal_ref:20180125015716j:plain