Ryzen 2700Xで自作PCを組んだ

Ryzen7 2700Xで自作PCを組みました.
以前は2600Kが乗ったBTOのパソコンのパーツを取り換えながら7年間使っていましたが,先日起動しなくなったので仕方なく組みました.
動いていたらまだ2600Kおじさんのままだったと思います(掃除して組みなおしたら起動してしまったのでサブPCとして2600Kは使い続けそう…).

旧PC

パーツ 型番
CPU Intel Core i7 2600K (定格)
GPU 玄人志向 GF-GTX1060-6GB/OC/DF
OS Microsoft Windows 10 Pro
M/B ECS P67H2-A4
メモリ 謎メーカー DDR3 14GB(3x2GB+1x8GB)
SSD CFD CSSD-S6T256NHG5Q
HDD1 Western Digital Green 2TB
HDD2 TOSHIBA 3TB
ケース
電源 V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP
CPUクーラー
Sound Card Creative Sound Blaster Z
USB-DAC FOSTEX HP-A4
TV Board Earth Soft PT3

新PC

買ったお店と値段も書いておきます.価格.com最安値のところでそろえていきました. トータルで新規に買ったパーツが15万円,流用したものを含めると20万くらいでした.

f:id:shamal_ref:20180820122540j:plain
パーツ達

CPU: AMD Ryzen7 2700X

Amazon 32,350円
Ryzen第2世代の上位モデルです.オーバークロックはしてませんしする予定もありません.
8コアあるのでマラソンのテストケース回すのが捗りそうです.

GPU: 玄人志向 GF-GTX1060-6GB/OC/DF(流用)

Amazon 28,418円
予算が無いので使い回しです.PUBGを中間画質でやるのであれば十分な性能があります.GPUを買い替えるとしたら次世代が出たらですね.

OS: Microsoft Windows 10 Pro

Amazon 23,919円
HomeでもよかったですがHyper-Vとか使いたくなった時のことを考えてProにしました. これだけは任意の店の最安値ではなくある程度有名な店の最安値のものを買いました.

M/B: AsRock X470 MASTER SLI

パソコン工房 17,254円
なるべく安くて拡張性がありそうなものを選びました.ASUSのPrime X470-PROと迷いましたが値段が安かったのでこちらにしました.
マザボやらファンやらを光らせるのが流行っているみたいですが,正直無駄な機能は省いてほしいと思ってます.

メモリ: G.Skill SNIPER X F4-3400C16D-16GSXW

ark 29,990円
Ryzenはメモリ周りがシビアらしいので"Compatible with Ryzen"を謳っているこちらのメモリにしました. メモリ側のQVLには"X470 MASTER SLI"は載っていませんがマザボ側のQVLにはこちらのメモリが載っていました. QVLによると3466MHzでも動作させられるみたいです.
4Gamerの記事によると,Ryzenの評価キットに同封されているみたいです.

実際にXMPで3400MHzに設定してレイテンシもいじらず安定動作しています.はじめ,マザボの1,2番目のスロットにつけていたためシングルチャネル動作になっていた上に2933MHzまでしか安定動作しませんでしたが,マザボの説明書を見直して1,3番目のスロットに付け直したところ,デュアルチャネルで3400MHzで動作するようになりました.当たり前ですがやはり取説をしっかり読むのは大切なことだと気付かされました.

チップはRyzenと相性の良いSamsungのB-dieが使われているようでした.
f:id:shamal_ref:20180820104445p:plain

1つ注意があって,ほかのSNIPER Xシリーズは基本的にRyzen対応は謳っていません.このF4-3400C16D-16GSXWだけのはずです.
SNIPER Xで3600MHz対応のF4-3600C19D-16GSXWBが2万円くらいですが,これは3400MHzなのに3万円近くします.ちなみにF4-3600C19D-16GSXWBはこちらの記事によると,Hynixのチップが使われているようです.

SSD: Intel 545s SSDSC2KW512G8X1

パソコン工房 12,398円
安心のIntelSSDです.NVMeの超速いSSDと迷いましたが発熱,体感速度なにより価格を考えてこちらにしました.
最近,格安SSDが粗悪なチップを使っているのではないかという話題が上がっていますが,Cドライブに使うSSDは多少高くても品質が保証されているものを使うべきだと思います.ゲームなど消えても入れ直せるデータは格安SSDでもいいかもしれませんが.

HDD: Western Digital Blue 4TB WD40EZRZ-RT2

NTT-X Store 9,361円
今まで使っていた2台のHDDは使うのをやめて,これ1台にしました.静かで速くて良いです.

ケース: Fractal Design Define R6

TSUKUMO 16,178円
見た目がシンプルでファンも3つ(前面1,背面2)付いてくるのでこれにしました. そこそこ静かですが,期待していたほどではありませんでした.

電源: Cooler Master V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP

TSUKUMO 10,750円
以前から使っていて特に問題はないのでまたこれを買いました.本当はCorsairのフルモジュラが良かったのですが高いので止めました….

CPUクーラー: サイズ 虎徹 Mark Ⅱ

パソコン工房 3,457円
安くて価格.comでも評判が良かったのでこれにしました.
グリスはThermal GrizzryのKryonautを使いました. 室温26度でアイドル時に10分間放置したときの平均が33.3度(HWiNFO64のTdie)です.高いのか低いのかよくわかりません…. PUBGをやっているときは平均50度前後です. 温度に関してはまたデータを取ったら記事にしようかと思います.

Sound Card: Creative Sound Blaster Z(流用)

Amazon 10,599円
マイクと光入力しか使っていません.出力はHP-A4にやらせてます.

USB-DAC: FOSTEX HP-A4(流用)

ヨドバシカメラ 27000円くらい
価格.comで評判が良かった + 実際に前世代のHP-A3を使わせてもらって良かったのでこれにしました.
ヘッドホンはAKG K712 PROを使ってます.

TV Board: Earth Soft PT3(流用)

ドスパラ 9500円くらい
一応刺さってますが,録画はテレビでするようになったのであまり使っていません.